製品紹介

PRODUCT

製品紹介

【製品の特徴】
中部電力との共同開発により生まれた「ECOベース HEシリーズ」は短時間で設置できる簡易さと抜群の耐震性を実現した、エコキュート設置用基礎です。上面ブロックにアルミ製レールを備えているので、殆どのメーカーのタンクユニットにそのまま対応し、機種を選びません。今回、新たにより安全な耐震性能を確保するために従来の地中抵抗アンカー工法から地中ブロックとモルタルで耐震プレートを設け(SP工法)、その上にブロックを設置する方法を採用しています。(特許取得)

(1)基礎を分割することにより、1人でも持ち運びが出来、誰でも簡単に施工可能。
(2)ロック付アルミレール(特許取得)
(3)価格は一般コンクリート基礎の50%程度。(人件費含む)
(4)①耐震プレート工法で抜群の耐震性を実現。「建築設備耐震設計・施工指針」の耐震レベル0.4Gを満たしております。 ②「国土交通省告示第千四百四十七号」の引張耐力5.8キロニュートン基準対応品です。
(5)コンクリートブロックは工場一貫生産のため常に品質が安定。(寒冷地仕様)

新発想!!ロックレール(特許取得)


ボルトナットの位置ずれ解消!
レールの移動方向に強い力(地震・強風など)が加わった場合でも二重になったレールの塑性変形した(下段)部分によってナット又はボルトを固定し位置ずれを防止します。




(※写真はHE500-SP耐震強度実験)

東北大学工学部での耐震強度実験
東北大学工学部にて「エコベースHE500-SP、HE750-SP」の耐震強度実験を行いました。1978年の宮城県沖地震の波形を20〜200%増幅させ、実際に施工した状態で揺らしてみました。460Lの貯水タンクは大きく揺れましたが、エコベースは1mm以下の変位で踏ん張りタンクを支え、高い耐震性が実証されました。

使用用途


(都市部の狭い設置場所にも対応します)


(配管の中出し施工でスッキリ仕上げ※HE500,500S対応)

【主な使用用途】
●設置していただくタンク、設置場所に合わせて選べる4タイプをご用意。(HE920,750-SP,500-SP,500S-SP)現場状況に合わせてお使い下さい。
※本製品は「建築耐震設計・施工指針2005」の耐震レベル0.4Gの基準を満たしております。


 


HE750-SP施工例


HE920施工例


蓄電池施工例

セット内容

3本足(角型) HE920


HE920セット(HE920-5…2本、HE920-1,2,3,4…各1本)

〔付属品〕

M12×60mmボルト(どぶ付き) 4本 M12×40mmワッシャー(どぶ付き) 4枚
M12ナット(どぶ付き) 4個 M12×100mmボルト(ユニクロ) 8本
M12×26mmワッシャー(ユニクロ) 8枚 M12ナット(ユニクロ) 8個
M12Sワッシャー(ユニクロ) 8枚    

3本足(角型) HE750-SP


HE750-SPセット(HE750-4・・・2本、HE750-1,2,3・・・ 各1本、HE-SP・・・4本)

〔付属品〕

M12×60mmボルト(どぶ付き) 4枚 M12ナット(どぶ付き) 16個
M12×40mmワッシャー(どぶ付き) 12枚 M12×26mmワッシャー(ユニクロ) 6枚
M12×100mmボルト(ユニクロ) 6本 M12ワッシャー(ユニクロ) 6枚
M12ナット(ユニクロ) 6個 インスタントモルタル25kg 2袋
M12×305mm全ネジ(ダクロ) 4本    

3本足(角型) HE500S-SP


HE500S-SPセット(HE500-1,4・・・各1本、HE-SP・・・4本)

〔付属品〕

M12×270mmボルト(ダクロ) 2本 M12×32mmワッシャー(ダクロ) 2枚
M12Sワッシャー(ダクロ) 2枚 M12×50mmボルト(ダクロ) 4本
M12×30mmボルト(ダクロ) 2本 M12×40mmワッシャー(どぶ付き) 12枚
M12ナット(どぶ付き) 16個 M12×380mm全ネジ(ダクロ) 4本
インスタントモルタル25kg 1袋    

4-5本足(薄型) HE500-SP


HE500-SPセット(HE500-1,2,3,4・・・各1本、HE-SP・・・6本)

〔付属品〕

M12×270mmボルト(ダクロ) 4本 M12×230mmボルト(ダクロ) 2本
M12×32mmワッシャー(ダクロ) 6枚 M12Sワッシャー(ダクロ) 6枚
M12×50mmボルト(ダクロ) 4本 M12×30mmボルト(ダクロ) 4本
M12×40mmワッシャー(どぶ付き) 16枚 M12ナット(どぶ付き) 22個
M12×305mm全ネジ(ダクロ) 6本 インスタントモルタル25kg 2袋

規格・仕様

エコベース HEシリーズ

タイプ 品番 型番 内容 数量 仕様 長さ[㎜] 高さ[㎜] 上部[㎜] 下部[㎜] 重量[kg] 合計重量[kg]
角型
タイプ
HE920 HE920-1・2・3・4 ブロック6本
付属品1セット
各1本 M12 ※920 ※150 ※880 ※920 49 280
HE920-5 2本 42
HE750-SP HE750-1・2・3 ブロック9本
付属品1セット
各1本 M12 ※750 ※150 ※710 ※750 39 241
HE750-4 2本 31
HE-SP 4本 ※150 ※100 ※80 ※108 3
IM25 2袋 25
HE500S-SP HE500-1 ブロック6本
付属品1セット
1本 M12 ※622 ※150 ※470 ※500 46 125
HE500-4 1本 42
HE-SP 4本 ※150 ※100 ※80 ※108 3
IM25 1袋 25
薄型
タイプ
HE500
-SP
HE500-1・3 ブロック10本
付属品1セット
各1本 M12 ※622 ※150 ※470 ※500 46 241
HE500-2 1本 39
HE500-4 1本 42
HE-SP 6本 ※150 ※100 ※80 ※108 3
IM25 2袋 25

※サイズは完成品で表記しております。


施工手順(HE920)


(1)土間の整地・掘削
墨だし【 基礎寸法+100mm(プレキャスト基礎埋め込み深さ50mm+クラッシャラン50mm) 】を行い、掘削・整地する。


(2)寸法確認

(3)砂利投入・填圧
クラッシャランが沈み込まないように填圧する。

(4)ドライモルタル投入・土間整地

(5)水平確認
※土間つくりの時点で水平が確保されていませんと、基礎設置後の修正はできませんので必ず水平を確保してください。

(6)下段ブロック設置・寸法確認
※各ブロックのレール位置を製品に合わせて設置する。必ず寸法を確認し、連結部材を先に設置してください(500mm)。750の場合は(350mm)。

(7-1)上段ブロック設置

(7-3)※上下ブロック設置の際、ラチェット等でしっかり締め込み、穴はモルタル等で埋める。

(7-4)※必ず設置する機器のアンカー位置寸法を確認しブロックを組み合わせる。

(7-5)※一部4本足機器を設置する際はインサートキャップを外して設置してください。

(8)埋め戻し・完成
※機器固定用ボルトを設置し、ラチェット等でしっかり締め込む。
※メーカー様によってブロックの組合せが異なりますので付属の(エコベース組合せ一覧表)にて刻印(番号)位置等の確認をしてください。
※ブロックごとに刻印(番号)が入っています。




施工手順(HE500-SP)


(1) 位置決め

(2)1300mm×600mm×300mmの範囲で土間を掘りおこし、填圧する

(3) 地中ブロック設置

(4) ガイドくん(別売り)等を使用し、適正な位置に全ネジボルトをセットした地中ブロックを設置する
※あらかじめ基礎設置レベルを附属のナット・ワッシャー取付け後、上下させレベルを合わせる

(5) 耐震プレート作成
付属のインスタントモルタル 25kg×2袋を練り、ブロック下部の張り出しが隠れるようにモルタルを敷く

(6) 埋め戻し
先程取付けたナット・ワッシャーの位置まで土を埋め戻す

(7) レベル出し
上部まで填圧しながら埋め戻したら、地中ブロックについているナットを再度調整しレベルを出す

(8) ブロックの設置
HE500-1から順に設置し連結していく

(9) 基礎完成
地中ブロックに連結させている全ネジを、基礎上部面に合わせてカット加工しモルタルを詰める。基礎開口部分にセメント又は土を入れて完成

(10) 配管作業

(11) 機器設置

※コンクリート土間設置の場合(お客様側でご用意ください)

(12) 土間に合わせてアンカーを決める
後打アンカーと全ネジを用意してアンカー打設

(13) ブロックのレベルを出し、ボックスレンチ等で固定する


施工手順(HE750-SP)


(1) 位置決め

(2) 掘り込みと填圧
800mm×800mm×300mmの範囲で土間を掘りおこし、填圧する

(3) 地中ブロック設置
地中ブロックに全ネジボルトをセットし、500㎜間隔で設置する
※あらかじめ基礎設置レベルを附属のナット・ワッシャー取付け後、上下させレベルを合わせる

(4) 耐震プレート作成
付属のインスタントモルタル25kg×2袋を練り、ブロック下部の張り出しがかくれるようにモルタルを敷く

(5) 埋め戻し
先程取付けたナット・ワッシャーの位置まで土を埋め戻す

(6) 下部基礎設置-1
地中ブロックより立ち上がっている全ネジボルトに取り付けているナットを上下調整しレベルを出す。その後HE750-4を取り付ける

(7) 下部基礎設置-2
レール間の寸法35cmを確認する。確認したらナット・ワッシャーで固定する

(8) 下部基礎設置-3
下部基礎上面より出ている全ネジボルトをサンダーなどでカット加工する

(9) 上部基礎設置
設置する機器に合わせ上部ブロックを設置し固定する

(10) 完成

※コンクリート土間設置の場合(お客様側でご用意ください)

(11) 土間に合わせてアンカーを決める
後打アンカーと全ネジを用意してアンカー打設

(12) ブロックのレベルを出し、ボックスレンチ等で固定する


資料ダウンロード


【HEシリーズ】

ファイルイメージ

HE500-SP

ファイルイメージ

HE500S-SP

ファイルイメージ

HE750-SP

ファイルイメージ

HE920

ファイルイメージ

HE500-SP施工説明

ファイルイメージ

HE500S-SP施工説明

ファイルイメージ

HE750-SPの施工説明書

ファイルイメージ

HE920施工説明






〒491-0871
愛知県一宮市浅野字神明下58番地
TEL:0586-76-9677
FAX:0586-76-8557


PAGE TOP